運営会社 | ハピログ

ハピログ

ハピログ

登録 ログイン

ハピログの登録にはFacebookの認証が必要です。

ハピログはお客様が投稿したFacebookのデータを利用してフォトブックを作成するサービスです。

お客様の大切なデータを利用するため、Facebookでの認証が必要となります。ハピログがフォトブック作成・ご注文以外の目的でお客様のデータを利用することは一切ありません。

運営会社

運営会社

COMPANY

私たちはデジタルの利便性と紙の暖かさを融合することで、これまでにないサービスを生み出します。

ハピログ(HappyLogue)という言葉は、”Happy” “Log” “Dialogue” の3つの言葉を組み合わせた私たちの造語です。Happy はもちろん一人でも多くの人に”幸せ”を届けたい。その思いからハッピーという単語を選びました。また Log には”日誌、記録”という意味があります。”幸せ”の”記録”、そして -logue という接尾語(例:Dialogue, Prologue)には”言葉”という意味があります。

ハピログはFacebookやInstagramに投稿したあなたの素敵な写真や文字を、一冊の美しいレイアウトのフォトブックとして製本することができます。FacebookやInstagramの投稿をフォトブックにする楽しみは、普通のフォトブックでは残せない人生のコンテクストを写真日記として残すことであり、そのとき美しいと感じたあなただけの世界観を一冊の本として綴ることにあります。

思い出の写真やそのときのリアルな気持ち、友だちとのコミュニケーションは、あなたの”幸せの記録”です。私たちは事業を通じて、写真と言葉で綴られた”幸せの記録”を世界中の人々に届けたいと願っています。

社名 ハピログ株式会社
HappyLogue Inc.
設立年月日 2014年4月18日
代表取締役 中林 秀仁
資本金 1,300万円
所在地 〒933-0045 富山県高岡市本丸町2-36

CEO 中林秀仁Hideto Nakabayashi

兵庫県神戸市出身。1969年生まれ。同志社大学法部及び文学部卒。

マイクロソフト(現日本マイクロソフト)において若くしてシニアマネージャに抜擢、ソフトウェアマーケティングとビジネスに深い経験があります。ハピログ株式会社においてCEOを務め、経営全般、営業、マーケティングを担っています。

ハピログが持つ価値

過去30年間デジタル化は加速し続けています。あらゆるものがデジタル化され、ソフトウェア化され、ネットワークでつながり瞬時に処理されていく世界のなかで、私たち生身の感覚から対象が遠ざかっているように感じることも多くなってきました。

しかし、WebやSNS、スマートフォンの浸透が私たちの生活を便利に、そして豊かにしたことは紛れもない事実です。その結果として、UGC(User Generated Contets:ユーザー自身が生み出すコンテンツ)の爆発的な増加をもたらし、新しいライフスタイルや新しい価値観も生み出してきました。

ハピログは、デジタルか紙かという二者択一ではなく、爆発的に増えるデジタルデータをこれまで慣れ親しんできた紙というメディアにレイアウトしなおすことで、あらたな価値を創り出しています。これは思い出を紡ぎ、語り継ぐ方法論の再定義でもあります。ハピログを通じて、家族の団欒が増え、人々の幸せの瞬間が次の世代に受け渡されていくと信じ、すこしでも多くの方にご利用いただける魅力的なサービスを提供していきたいと考えています。

北陸の地で、愉快な会社を作る

高橋市長と

高岡市 高橋市長と一緒に!

今、富山県高岡市という自然と文化が今も豊かに残る伝統工芸の街で、愉快な仲間たちとクリエイティブな仕事ができていることに心から感謝しながら、毎日もっとどうすれば良いサービスにできるか、お客様に喜んでもらえるか、そんなことを議論しながら開発を進めています。若い仲間たちと一緒に、まだ世にないサービスを作り上げ、多くの人々に幸せを届けること、それが私の夢であり、その一歩が動き始めています。

ハピログは Facebook の印刷、製本サービスからスタートしましたが、今後、さらなる機能強化や、別プロジェクトとしても様々なサービス、アプリの開発を企画し、どんどんリリースしていく予定です。まだまだ足りない点や抜けているところはありますが、常に真摯に対応し、お客様から信頼をいただけるよう、そして、ひとりでも多くの方にハピログをお届けできるようチーム一丸となって仕事に取り組んでまいります。

Adviser

技術顧問 筏井哲治

富山県高岡市出身。1977年生まれ。東京理科大学理学部卒。マイクロソフトのソフトウェア開発テクノロジースペシャリストとして、日本国内大手企業の複数の大規模ソフトウェア開発プロジェクトを担当。ハピログ株式会社では技術顧問として、サービス設計・システム開発を支援しています。

データサイエンティスト 中林紀彦

富山県富山市出身。2015年よりハピログ株式会社のデータアナリティクス関連のアドバイザーとしてデータに基づくビジネス戦略の立案を支援しています。CEOの中林秀仁とは特に兄弟や親戚というわけではありません。2014年より筑波大学大学院社会工学専攻サービス工学 客員准教授。